森進一さんがある曲の歌詞を勝手に替えたからと、歌うのを差し止められました。
音楽には著作権という創作者の権利があり、編曲も含む改変や、公に演奏する時には許可を得なければなりません。コンサートを開催する方は、この手続きを取っていますか。
音楽は、作曲家が自分の才能を駆使して作った大事な作品です。コンサートを開催する場合は、その作品を使わせてもらうのです。他人のものですから、使う(演奏)ためには当然何らかの許可を得なければなりません。
演奏者に謝礼等が払われる時はもちろんですが、アマチュアで謝礼がなくても入場料等を取る場合は手続きが必要です(逆に入場料無料でも、謝礼がある時も同様)。そして、その手続きは主催者が行わなければなりません。(演劇で市販のCD等を使う場合も同様です)
また、楽譜を買ってあっても、演奏する場合は手続きがいります。もちろん演奏する曲の楽譜は原本(出版物)でなくてはならず、コピーではいけません(個人的練習なら大丈夫です)。
これらの手続きはJASRAC[ジャスラック](日本音楽著作権協会)が作曲家から管理を委任されているので、JASRACに申請し、応分の手数料を支払わなくてはなりません。
私たちは、優れた作品の恩恵に授かっているのですから、感謝の気持ちをきちんと表さなくてはいけませんね。
※ある一定年数を経過したものは、自由に演奏できます。

参考リンク:JASRACホームページ