CD等のコピーがよく行われていますが、これは自分自身または家族間だけに特別に許されているものなのです。タダでもコピーして他人にあげてはいけないのです。
テレビ番組を録画した場合も自分のものだけで、他人にあげてはいけません。
著作権法では「個人的にまたは家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用することを目的とする場合には・・・」コピーが許されています。だからレンタルCDのコピーはいいのです。
なおこれらは、適正な方法でのコピーだけで、いわゆるコピーガードがあるものを外してのコピーは許されません。すなわちレンタルDVDは大抵コピーガードがかかっているため、コピーはしてはいけないのです。
またテレビの録画は、そのこと自体が放送のコピーなので、更にコピーして他人にあげるのはいけないのです。
さて、CD等はデジタルコピーのため、原本そのままのものが作れるので問題となりました。そのためデジタル製品(音楽用CD-R、MD等)には「私的録音・録画補償金」が上乗せされ、著作者に分配されています。
コピーは安価で手軽ですが、あまり横行すると原本自体が発売されなくなるかもしれません。その範囲をきちんと守りましょう。そして、違法なコピー製品は、絶対に買ってはいけません。

参考リンク:音楽を利用するためのルール